岡本住建株式会社は、大垣市を中心とし、岐阜県、愛知県で地域に密着した住宅づくりに努める建設会社です。

FB お問い合せ 資料請求

スタッフブログ

早崎相談役ブログアーカイブ

いい家造りへ


もともと私の自宅は、35年前に新しい工法のナショナル住宅で建替えする前までは、昔ながらの木造田舎造りの四つ八の家。本屋普請ともいい南玄関を入ると土間があって、左側に八畳の和室が4部屋、田の字型に並んでいた。和室の南側にある縁側は、子供のころ日向ぼっこするのにもってこいの場所だった。

しかし、板張りの縁側にいると、南から縁の下に入る太陽の光が隙間から見えた。冬に板が乾燥すると細い隙間ができるからだ。また、高校生のころは、2階の一番西の部屋で冬の寒い夜に受験勉強していると、極寒の日だったのか、粉雪がヒラヒラと壁の隙間から机の上に舞ってきてびっくりしたことがあった。昔の家は隙間ばかりで寒かったが、暖房がなくとも、それを不足とも思わなかった。まったく自然素材だった。

8年前、娘夫婦家族(夫婦、子供2人(現3人))が一緒に同居しようということになり、ナショナル住宅の母屋の改造を娘(当時33歳)に任せたところ、当社の自然素材の無垢の床、天井を選び、今も娘本人が勝手に悦に入っている。

何時かは当社も自然素材の要望にお応えできる家造りを検討してきましたが、無垢材には天然素材の良さの裏に"反る・割れる・あばれる"という欠点がある。そのポイントを押さえ、リスクをどこまで軽減できるか...。長年探し続け、やっと不具合の原因をうまくクリアするシステムを見つけ出し、今回一度に2つの工法を導入する決心をいたしました。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

【夢ハウス】

夢ハウス(外観)夢ハウス(LDK)


新潟に本社のある"夢ハウス"、ここは「一貫生産システム」で含水率10%以下の材木を使用し、剛床工法、耐震パネル、高性能断熱、無垢室内建具等々、自然素材の重厚な家造り。

私たちが求めていた、健康で「無垢の木」が誘う、暮らしにあふれる「無垢の笑顔」をキャッチフレーズとする工法の "夢ハウスグループ" に参加いたしました。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

【雨楽な家】

雨楽(外観)雨楽(LDK)


良い家造りには、もうひとつ大切なコスト追求があります。
そこで、無垢の家造りに美しくシンプルでしかも省コストの"雨楽な家"
こちらのノウハウを取り入れることにいたしました。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

岡本住建は、お施主様みなさまのお陰をもちまして、昭和43年から32年間、ナショナル住宅パナホームとして、信頼のおける優良な家造りを目指して建築をおこなってきました。そして、平成12年にパナホームと資本関係を解消し、お施主様管理の移譲を行い、在来住宅専門として変遷してまいりました。

平成11年、あるお施主様からの厳しいご指摘のおかげで、当社は工事体制を原点に立ち返えることができ、着実な優良工事を目指してまいりました。まだまだ十分とは言えませんが、少しづつ少しづつ信頼を得ることができてきました。

また、平成8年以降には、松下電工(現パナソニック)耐震住宅工法"テクノストラクチャ―"を導入。その信頼性、精度の高さが在来工法として優れていることを建築後の我々総合点検などで再発見し、平成13年以降は、テクノストラクチャーにほとんどシフトしています。いい家造りのために、さらなる追求をしていきたいと思っております。


現代は、感性の違いなどから好みが多様化しているため、我々は広角的な視点を持ち、あらゆる情報を入手し詳細調査を行い、いい家づくりのため日々研鑽に励んでいます。

1.信頼の最新工法 耐震住宅工法 テクノストラクチャ―

2.重厚な 自然素材無垢の家 夢ハウス

3.無垢で さわやかな 雨楽な家


これらを通じて、皆様にご満足いただきたいと考えております。


これから8~10月にかけて、3棟のモデルハウス、展示場が続々完成します。
楽しみでワクワクしています!!是非またご覧ください。

岡本住建株式会社
取締役会長 早崎 勝彦


早崎相談役ブログアーカイブ

耐震住宅への思い


東日本大震災の被災者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

平成13年、当時 私は社長在任中で総合点検を始めて2年程経過した頃のことである。

以前ブログでも書かせて頂きましたが、当社では平成11年より入居後5年以上経過した全ての家において総合点検を実施しており、社長を先頭に現場監督・アフターメンテナンス担当・大工がそろって訪問し、床下から天井裏の隅々まで点検しています。

お施主様の家を何棟も点検しているうちに、私は耐震住宅テクノストラクチャー(木と鉄骨の複合のハイブリッド住宅工法)と在来木造の家との歴然とした違いを感じるようになりました。

まず気付いたのは納まりの良さです。テクノストラクチャーは天井裏の構造に狂いがなく、木材にそりや曲がりもありません。そして、何より優ることと言えば、木造の欠点である軸のつなぎの弱さを克服した地震に強い構造であるということです。少しでも建築に携わった人には、建築様式、構造体、材質等を見ればすぐ分かります。

その当時は、少し値段が高いため、注文住宅でも充分予算がある人しかテクノストラクチャーの家は建てていませんでした。

そこで私は社員たちに「この耐震テクノストラクチャー住宅を全て建売住宅にも採用したい」と提案しましたが、建築坪あたり単価3~4万円くらい高くなるため、「値段が高くなれば売れないから困る」という意見が圧倒的でした。

しかし、“後世まで良いものを”という強い気持ちで、
「建売も全てテクノストラクチャーで行くぞ!!」と宣言しました。

それ以来、当社は耐震住宅を追及してまいりました。
万一、地震に遭遇しても、少しでも安心感が増す家に住んで頂きたい。

私も個人的にテクノストラクチャーの家に住んでいますが、ともかく地震が来た時でも、なんとなくどっしりと構えていられることに感謝しています。

今回、東日本大震災の被災者の皆さまに心からお見舞い申し上げますとともに、我々 更なるいい家づくりの使命を痛感いたします。

 
岡本住建株式会社
取締役会長 早崎勝彦


1
 

早崎相談役ブログアーカイブ

公的精神優先の日本人


日本人は古来より、“公的精神”を優先して、私的利益を慎んできました。

それが本来の日本人の良さとして「いい国だなあ」と国内外から言われてきました。

ところが、最近起きる出来事を見ていると、今の日本人はその精神を失ってしまい個人の権利、帰属する会社の利益追求ばかりが大手を振っているため、「“公的精神”がないがしろにされている」と言われています。

しかしながら、わたくし会長職になり仕事の第一線を離れましてから、今まで固辞してきた地元地域、業界団体、信条、宗教団体等々ボランティアの世話役などが色々と回ってくるようになりました。

そのひとつですが、ここ数年前より地元神社の世話役、神社総代を引き受けています。

20100216

先輩の地元神社総代の方達は、毎月神社境内の草取りや祭事の準備のための掃除、お供え物、設営、正月前のしめ飾り作り、門松作り、左義長(どんど焼き)の準備、暑い夏の林道の草刈、山林の間伐の下見等々。時間もお金も体力も提供し、公的精神の高さに感心いたします。

世の中には、今も尚そんな精神が生きていて、いろいろなところで世のため、人のために努力している人が沢山おられることに改めて感心し、非常に嬉しい気持になりました。私も今迄の自分を反省し、お互いに感謝し合いながら、今後も続けていきたいと思います。

 
岡本住建株式会社
取締役会長 早崎 勝彦


 

最近のブログ記事

カテゴリ

月別アーカイブ